2006年10月25日

R25 〜玉置浩二〜

前回、「出勤途中にR25を読むのが楽しみです黒ハート
みたいなことを言いたれておいて、今日、早速家に忘れて出勤しました。
いつもより数分早く家を出て、ゆっくり本を読もうと思っていたのに。
嗚呼、俺の馬鹿。
こんな朝から、地下鉄のホームでハニカムはめになるなんて。



それでも感想文は書くお。
今日は【玉置浩二】
1958年9月13日、北海道旭川市生まれ。



《朝起きてカーテン開けて『おはよう』って言ってコーヒー飲んで・・・
それこそ日々の何気ないことが楽しくて。最小限で生きていけるなら、張り切って仕事することもないんじゃないか》




ヤベー。
これ、わたしも今の会社入ってから人知れず思ってた。
決して高い給料じゃないが、そこそこ楽しいと思える仕事
仲の良い同僚
問題のない日々。
平和だなーと、休憩時間にぼんやりと窓の外を眺める。



玉置さんと違うところは、そんな状態に恐怖を感じているところだ。
もう無計画に突っ走れる年じゃない。
だからって、こんなもんだよねなんて遠い目する程の年でもない。
不満はないが、不安になる。
このままでいいんだろうか・・・。



平和ボケして、小さくまとまってしまうんじゃないだろうか。
感覚も麻痺して、つまらないものしか書けなくなるんじゃないだろうか。



小さな幸せを感じるのは良いことだ。
小さな幸せだけしか欲しくなくなれば、きっと楽だろう。
でも、もしそうなったら大きな幸せを逃してしまいそうで怖い。
向上心を失ってしまうのではないかと思うと発狂したくなる。



足りるを知る。
向上心を忘れない。


両立させるのは、なんて難しいんだろう。
それとも、両立じゃなくて、間をとるんだろうか。




答えなんか出ないよ。
もう何年も同じようなこと考えてんだから。
あ、これね、友人に言われたの。
食事しながらとめどない悩み話してて、ぐだぐだしていた。
皿の肉が最後の一切れになった時、彼は言った。





ずっと答えの出なかったことを

この時間で解決できると思うなよ。




ああ!
って思ったね。
人に話すことで考えがまとまる気がしたんだけど
肉食い終わる時間内にそれをやろうったってそりゃ無理だよね。
彼は、いつまでもぐだぐだと耳から脳みそ垂れ流してるわたしに
嫌気がさして言っただけの言葉なんだろうけど
ハッ!としたね。


《過去のいろんなことがイヤになって克服し、イヤになって克服し


『イヤ』を取り込んで消化して大きくなっている。》




「ワインレッドの心」でブレイクを果たし
自分の音楽ができないことがイヤになる。
その後ソロになり10年。やっと自分の音楽ができるようになる。



東京がイヤになり
軽井沢で暮らし始める。



《自分の心の問題だっただけで、それが解決されていれば

東京には何の問題もないんだって気がついた》




玉置さんは今、東京暮らしも悪くないそうだ。
それでいいのかもしれない。
いや、いいんだ。
いろんなことがイヤになって、イヤになることがイヤでもがいている。
同じようなことでばかり悩んでいる気がして、あがいている。
それが、こうして文章になっている。



いいんだ・・・じゃないな。
そういうものなんだ。
三十路のわたしは、そう思う。
ハタチのわたしは、今のわたしをどう思うだろう。



人気ブログランキングもよろしゅうに

ここをクリックしてねん♪



posted by 桜 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。